FFXIVハイランダー無宿

≫FFXIベタ漫才

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種族の個性を活かしますよ?

明日からは陥落よりも再興です!こんばんは、バオです。

えー、実は前の日記、もっと長いの考えていたんですが、どうしてもやりたいネタ
内容があったので、また明日の通常版サービス開始本番にまわさせてもらいました。
 

bao-MH.jpg 
別にあのままで終わってええのに  ふざけんなふざけんなふざけんなああ!


M:前から思ってたんけど今回はFFXIの時と違うてあんまり種族によって
ステータスの差がないような気がするねん。
まぁ明らかに魔法職に不向き、前衛に不向きっていう種族差が減ったんは
ええっちゃええことや。好みで選びやすいからなぁ。
B:そうだな。それでも頑張って前衛やったり後衛やったりする人もいたが、
不利なのは否めなかったな。

M:そうなると今回逆にもったいなぁないか?せっかくの種族の特徴、体格の差を
ええほうに活かしたらええと思うねん。
B:といっても戦闘ではまた有利不利で不公平が出てしまうぞ?

M:うん、そこはちゃんと考えてるて。まずな、五種族の一番の差って体格やろ?
ほんで体格の差って本当なら世界を冒険する上でどういう差になると思う?
B:む、うーん・・・冒険か・・・やはり移動に関係するんじゃないかな。

M:うんうん。せやねん。でも、普通にそれやったらララとエレなんかものっそい差が
出るし更に不公平やん。ほんで思いついてん!
今回はエルメスの靴って特典防具あったけど、FFXIではシーフのアビリティで
「とんずら」ってあったやろ?何秒間かものっそい勢いで走れるやつな。
あれをな、全種族で出来るようにしたらみんなめっさ嬉しいやろ?
B:おお~懐かしいな。確かにそれは嬉しいな。でもそのうちなにかのクラスで実装
されるかも知れないぞ。

M:ま、それならそれでいいねんけどな。問題は走り方や!ララならでのモーションで
ダッシュする、エレならではのって考えたら見た目も楽しいのをひらめいてしまってん。
B:はぁ。ま~たいやな予感がするが聞くだけ聞いてやろう。


マッハさん 
アビ使うの楽しなんでぇ~



M:じゃ、まずは想像しやすいとっからいこか。ララや。これは可愛いで、ほんまに。
ララの場合はモーグリが召還されるねん。ほいで、背中にピタっとはりついてやね
ララの身長の2倍くらいの高さまで羽ばたいて持ち上げてくれるんよ。
で、そのままバヒューンって飛んでいくねん。どない?可愛いやろ?
B:それは可愛いな!うむ。ララの人気が上がるかもな。

M:ただし、時間が経ったらモーグリは「もうダメクポ~」とか言うて還っていくねん。
ほんでその時の速度のままララは投げ出されてまうから、強いアクティブなモンスとか
おるとこに放り込まれたらまぁ・・・がんばれっ!ってなってまうけどな。
B:なんだそのロケットブースターは!ま、まぁ上手く方向を操作して着地しろと・・・


M:ほな次はミコやね。これはまぁ、予想通りというかなんていうか、元々ネコのイメージ
あるしな、まぁ、四足モードやね。これはこれでワイルド&セクシーやと思うねん。
B:・・・予想はしていたけどな。まぁまぁアリじゃないかなとは思うが・・・

M:でもやっぱり欠点があるねんな。四足で一定時間大地を駆けた後な、効果は切れる
ねんけど、野生の血がたぎってしまって、しばらくは操作が利かへんねん。
ほんで、しゃがみこんだまま毛繕いしはじめたり、そのへんの草でネコパンチして遊び始めたりな。
B:なんかそれはそれでその姿見たさに男共が集まって来そうだな。
M:いやぁ本人達もネコ好き多いやろうし絶対イヤっ!ってミコはおらんのちゃうかなぁ。
B:そこまで言い切る自信はないわ・・・


M:えーっと次はルガにしよか。ルガの特徴は長くてたくましい腕とちょっと短い足やね。
B:はっきり言うな。失礼だろ。あ!まさかゴリラみたいに腕を足の間に入れて交互に
動かして走るとかじゃないだろうな!それは断固却下だぞ!相互リンクでお世話に
なってる
Ronさんはルガなのを忘れるなよ!他のルガ達にも失礼すぎる!

M:なに失礼な事言うてるねんゴリ顔が。自分でウホってたらええねん。
ちゃうわ、せやから長くてたくましい腕を活かすねん。分からんか?逆立ちや。
B:おい!無理あるだろうが!
M:なんでや?あんだけ腕力あるねんで。逆立ちですんごい手さばきでダダダダダーッ!って駆けていくんやで、男前やん?あ、でもな、逆立ちって頭に血ぃ昇るからな、効果切れたらしばらくは鼻血が止まらへんのが唯一の欠点やねぇ。
B:そこまでして走りたくないだろ!


M:さてと、今回の大本命、エレがきたでぇ。あの長身、長い手足、どう見ても五種族一番の韋駄天やね。
B:確かに走るという事では一番適した体格だな。

M:そんな長い手足をフルに活かした走法がこれや!「連続側転」!これは速いでぇ。
まさに大側転走法!グルグルと高速で側転して大地を駆け抜ける!しびれるわぁ。
B:アホだろそれ!全然走法じゃないし!遠くからでっかい車輪がやってくるんか!怖いわ!

M:なんでぇ?効率はええで?ただ、まぁ、これも欠点があって、時々中のアイテムが
どんどん吹っ飛んでいくねんけどな。たまに武器も飛んでくるかもしれへんから
そうやなぁ、「地獄車」とでも名づけよか。

B:それはマジでやらないと思うぞ!?っていうかララとミコ以外ネタだろ!普通に
思いつかなかっただけだろうが!?
M:なに言うてんの、それ逆やで。「地獄車」を思いついたから他のも考えたんやで?
B:だから「地獄車」言うなっ!!!


M:うるさいなあ、いつか実装したらみんな泣いて喜ぶ思うねんけどなぁ。ま、ええわ。
次、人いこか。中の人な。
これはな、簡単やってん、走るほうも見てるほうも楽しくなる。そんな走法やで?
ちなみに現実世界でもあるんやから、文句はないはずやでぇ。
「スキップ」
B:はい?
M:いやだからぁ、スキップしながらものっそい速さで駆けていくねん。これ、中の人、
たくさん集めてやったらめっちゃ楽しそうやろ?勿論両手は腰で自然に笑顔になるんやで。
B:いや、あの、すっごい怖い・・・今回で一番怖い・・・ホント勘弁してくれ。
M:そら、ゴリ顔がニヤけながらやったらひくけどな。中の人ならではの走法やん。
B:はぁ・・・で、どうせ欠点もあるんだろ?
M:いや無いよ?
B:ウソつくな!
M:いやホンマに無いねん。強いて挙げんねやったら、やった中の人が恥ずかしくて精神的にダメージ受ける事があるかも・・・しれんなぁ・・・
B:やっぱり恥ずかしいって思ってたんだろうがぁああああ!


B:で、今回もどうせオチは決まってるだろ!?早く済ませてくれ。
M:ああ、ハイの人な。いやかっこいい思うよ?まずな、両手を上に上げて指先を伸ばして爪先立ちで立つねん。ほんで、顔を上に向けて一言「ジュワッ!」って叫ぶねん。
B:またそのままパクリかっ!訴えられるわっ!飛ぶのか!?飛んでいいのか!?
M:いやいや誰も飛ぶなんて言うてないで。そのままの姿勢でずっと上見ながらな
つま先をチョコチョコ高速で動かしながらダッシュするだけやで?








プロフィール画像2 
なんの罰ゲームだそれはぁあああ!





マッハさん 
欠点はもうこの星にはおられへんくらいかなぁ


▼少しでも面白いと思っていただけたら是非;
FF14・攻略ブログ

流石に予測不能ですよ?

陥落したから国をくれ!こんにちは、バオです。

知ってました?9月30日って明日なんですよ!
え?当たり前じゃボケ知ってるわクズ?あ、そう、ふーん。

さて、遂に正式サービス開始ですね!覚悟完了してますか?
私は全然wktkなんかしてないんだからねっ!
まぁ実際時差もありますが、世界中のユーザーがなだれこんでいくんですよねぇ。正直どうなるかさーっぱり予想も出来ませんので、キレず腐らず諦めずで頑張ってみたいと思います。


bao-MH.jpg 
そや、短気は損気やで          今度こそ活躍するぞぉお!


M:てな訳でやね、9月22日より更に過激な攻城戦になるやろね。
なんせ世界各国から外国人部隊が大挙参入する大規模イス取りゲームになるわけやしねぇ。
B:イス取りゲーム言うな!それにもう座れるイスは少ないんじゃあああ!

M:ま、そのへんは運営さんもちょっとは考えてくれてるんちゃうかなぁ。
サーバ入試とかNGワードとか。
B:あんなもん実装出来るかぁー!それよりいい加減NGワード解除しろよ!
ほんとに名前呼ばれなくなったぞ、おい!???さんってコメントくるぞ!

M:お~浸透してるやん、嬉しいなあ。
B:してないっ!


M:ま、それはそれ。ほな、また攻城戦でも妄想してみよかぁ。
B:今回はほどほどにしろよ?各種族部族からクレームくるぞ・・・
M:今回、それはないから大丈夫やって。
B:
怪しい・・・


以下妄想です(先行サービス攻城戦はこちらから


ハイの人「よぉおおし!前回は決して忘れられた訳ではないっ!この日のために力を蓄えていただけだ!陥落にかけて我らに勝る部族は無いっ!この攻城戦、我らがハイの人が指揮を執らせてもらうぞ!異存はないなっ!みんな!」

B:おおお!?遂に、遂に我らの出番が!?しかも指揮まで!キレず腐らず諦めず、耐えてて良かった・・・ぐす・・・
M:(いっつもキレてたやん・・・)

ハイの人「では、我らが突破口を開く。みんな続けぇええええええ!!!」



シーン・・・




ハイの人「あ、あれ?みんなは?あ、おい!なんで戻る!こらー!帰ってこーい!」





中の人、エレ、ララ、ミコ、ルガ
「自国を陥落された人達に指揮執られてもなぁ・・・どこか別の城門から攻めよっか。あの人たちにはきっと外国人部隊さんが喜んで手伝ってくれるだろ?」





こうして夢にまで見たハイの人専用のサーバが出来たのであった。



プロフィール画像2 
活躍させろよぉおおおおおお!


いやー、本当にどうなるかわからないんで、ネタにもしにくかったんです。
あっはっは・・・はぁ・・・


▼少しでも面白いと思っていただけたら是非;
FF14・攻略ブログ

出来たらいいなと思いませんか?

陥落王に俺はなる!こんにちは、NGワードバオです。


今日は生産について考えてみます。しかし、FFXIVopβで「一切」生産をしてみなかったので知識が見事に「0」です、ZERO!ナッシング!
しょうがないのでいつものごとく適当に妄想してます。でも長いです。


bao-MH.jpg 
バトルバカやからねぇ・・・      違うぞ!殴りバカなだけだ!っておい!


M:いきなりやけど自分、餅つきって知ってるやろ?あれって二人の息があってないと
美味しいお餅がつかれへんねんて。
B:はぁ。いきなりどうした。町内会で餅つき大会でも行ってきたか?
M:ちゃうわ。二人の息が合ったらよりいいもんが出来るっちゅうことや。
B:よくわからんが、今は家庭でも簡単に餅がつける機械とかあるぞ?
M:アホに遠まわしに言うてもあかんな。せやからな「コンビ生産」システムや!
B:へ?

M:あんな、二人のクラフターが同じものを作るやん。でな向かい合うねん。
そんで一人の生産終わり際、完成の「シュボッ!」ってなるちょい前に手元が重なり合うように生産を始めるんよ。で、それを交互に繰り返す事によって、生産数にどんどんボーナスがついて、またHQも出やすくなるって事や。
B:おお!珍しくまっとうな事を!それは面白いな。タイミング勝負か。生産が楽しくなるかもしれんな。
M:そうや。勿論二人が出した素材分+ボーナスな。ただし、当然やけど、失敗したら全部パァな?
B:ま、まぁ成功時のボーナスが高いならそれでもやるかもしれぬな。


M:でな、次が本題や。クラフターPTシステム!「クラフターレジメン」や!
FFXIでもそうやったけど、高級なもんを作ろ思たら他の生産技術も必要になるやろ?
で、普通はみんな自分でひぃひぃ言いながら複数の生産を上げていくやん。
そこでやね、クラフター同士が集まってそれぞれが得意な技術で一つのええモノを
仕上げるねん。
B:それはXIのときから可能だっただろう。フレやLSや合成職人さんに依頼すればいいだけじゃないか。
M:でもそれやと色々めんどうやろ。素材渡したり、なんかお礼したりなんていうかな
これは一緒に作るねん。ええわ、説明したるわ。


M:まずな、作りたいモン決めてそれに必要な生産技術を持ったクラフターがパ-ティを作るねん。
ほんで完成までになにをどの順番で生産していかなあかんかをちゃんと話し合って順番を決めとくんよ、ここ大事な?普通の生産でもせやろ?布作ってそれと胴板を素材にして・・・ってな。
B:エオルゼアの生産はまだよく解らんのだが・・・まぁ、必要な素材も生産技術も増えていくだろうな。

M:で、ここで問題になるんは、連携して生産するなら次の職人はその前の職人が作ってるもんを既に持ってないと生産に入られへんやん。まだ出来てないやつの終わり際に始めるんやったらな。
B:あっ!そうだぞ!根本的に無理だぞ、おい!

M:任せーや、そこで出てくるのが「連携生産代替素材」や!これ持ってたらどんな素材の代わりにもなるから生産は開始できるねん。で、前の職人が無事に生産出来たら自動的に代替素材が消えて前の職人が作ったもんがその欄に入るねん。ただし、ちゃんとタイミングよく前の職人の完成間際に重なるように開始せんとあかんで。

M:つまり 職人A生産終わりかけ>職人B生産開始(代替素材)>職人A完成品=代替素材と自動的に入れ替え>>職人B終わりかけ>職人C生産開始(代替品)>以下同じ
わかる?つまりは完成を前提とした代替素材やからそのままもし前の職人が完成できなんだらそこで全部アウトやねん。つまり線香花火が消える前にみなでどんどん受け継いでいく感じで生産をするんやね。

B:おお、なんかバトルレジメンみたいだな!じゃぁ最後の職人が成功したらなにかボーナスがあるのか?

M:あるよー。参加人数分だけボーナスがついて武器、装備品なら・・・ってまぁ作りたいのはそれがほとんどやろけど、消耗度の上限が高いものが出来るし、勿論ハイクオリティ品も出来やすい。
ほいで最後の職人が生産してる時に他の全員が同じ色のシャードと代替品だけで生産するねん。
で、上手くいったら見た目がその色になったり、属性付加がついたりするねん。
どない?今回は真面目におもしろいやろ!

B:いや、認めたくないが、本当にそんなことが可能なら生産だけでも楽しく遊べるな!
しかし、なんでパーティじゃないとダメなんだ?
M:当たり前やん、最後の最後で知らん奴が生産にふざけて混ざってきたら全部パァやで?
パーティ内生産限定にしとかんとなぁ。

B:なるほど。しかし今回は非常に珍しくまともな提案だったな。実現可能かどうかは置いておいて。
で、その「連携生産代替品」というのはどこで手に入るんだ?まさかとんでもない価格とか無理な 条件じゃないだろうな?
M:いやそのへんは残念やけどオチに持っていくことは考えてないわ。ギルドでなんか貢献したらもらえるでええんちゃうかな。そないオチにビビらんでもええて。困ったもんやなぁ。






マッハさん 
ただ最後で失敗したら全員即死やけどな



プロフィール画像2 
街中で死人出す気かぁあああ!


かなり本気で実装を希望してます。
生産も皆で一緒に楽しめたらいいですよね。



▼少しでも面白いと思っていただけたら是非;
FF14・攻略ブログ





最初は真剣だったんですよ?

陥落民でも愛してくれますか?こんにちはバオです。

先行サービス開始から4日、相変わらず色々なトラブルが発生している
ようですね。FFXIユーザー向けのエルメスの靴が無料期間ではもらえない、
選択サーバ規制はこれからは公表しない。等々。ゲーム内のバランスやバグ、
エラーについてはもっと詳しく紹介しておられるサイトでご確認ください。
所詮うちはネタ日記ですので・・・

さて、相変わらずのサーバの偏り、また通常版組の皆さんと一緒に遊べるのか
今日はこの問題を取り上げていきましょうか。



bao-MH.jpg 
 難儀やなぁ、ほんま           今日はおふざけなしだぞ!


M:いや~しかしなんやね、これほど偏ったままで30日になったらどないなるんか
本気で怖ぁなってくるねぇ。
B:全く。30日に選べるサーバがいくつ残ってるかを考えるとさすがに気が滅入って
くるな。


M:この現象な、なんかに似てるて管理人さんが言うてるねんよ。
あくまで管理人さんの実体験やねんけどな、大学時代のゼミ選びが似てるねんて。

たとえばこの先生は専門がメジャーやから、この先生は人気あるから興味なくても
友達と行きたいとか、この先生はゼミ合宿が楽しいからとか、この先生は専門が
マイナーやから人気ないとか色々あったんやて。
実際人気のゼミに入れなんだ人は違う先生んとこ行くわけやけど、先生も本人もおもろないわな。
B:まあ、似てると言えば似てるかもな。定員が決まってるとかそのへんもそうだな。


M:でな、これは今の問題点やねんけど、まずCE版を買うた人らが今遊んでるやん。
せやけど買うてないお友達もおるやろ?ほな先行サービスでせっかく行きたいサーバに入れても通常版のお友達が後から一緒のサーバに入るのは難しい状況になってもうたやんか。あくまで今の時点やけどな。
これってほんまに予測してへんかったと思う?運営さんは。
B:むう。まずCE版を買った人達が先に好きなサーバを選べるのは通常版との価格の差でも当然のアドバンテージだとは思うが現状それすら出来ておらん。
また一緒のサーバで遊びたい人も多いのだから、最初からその予定の人たちには
同じバージョンのパッケージ購入をお勧めしますという提案くらいはして欲しかったな。
まぁ、金額のこともあるし、特典内容の好みもある。そこまで推せるかはわからんが。
正直FFXIのようにサーバはランダムが基本、先に入った人が友人を呼べるコードを
発行するといったシステムで良かったのかも知れんなぁ。

B:まぁ現時点の問題点をこれ以上挙げ連ねても詮無き事だ。これからの事を考えるべきではないか?
M:それやっ!待ってたで、その言葉!
B:あ・・・しまった、余計な事を言ってしまった・・・


マッハさん 
これは画期的やでぇ



M:あんな、これだけ偏りあるんやったらな、いっそのことキャラクリ画面でサーバ選択の時にな「サーバ入試」をしたらええと思うねん。
B:はぁああ?入試ってなにをどうするんだ?

M:せやから~、キャラクリするやん、ほんで種族とかキャラメイキング終わって、
いざサーバ選択の時にな、制限時間を設けた質問入試をしたるねん。
例えば
「あなたが選んだ髪の色は何番でしたか?10秒以内に答えなさい」
こんな感じでパーツに関して5,6問答えさすねん。一問でも間違えたら最初からな?
B:なんじゃそらああ!無駄に時間かかるだけだろうがぁあ!

M:せやけどな、これだけやったら噂んなってあらかじめパーツナンバーメモってくる
やろ?みんな。ほいで、次や、
「あなたが選んだサーバはFF○のゲーム内に出た町の名前です。では次の20の選択肢から同じゲーム内に出た市町村の名前を 後3つ挙げなさい。制限時間は60秒です」
これはちょっときついでぇ。急いでWIKI見ても間に合うかなぁ~、
B:ゲーム始めさせろよっ!それに行きたいサーバ決まってるならそれもメモるわっ!

M:いやいや、ここまでやったらそんだけこのサーバに行きたいねんなぁってゆう情熱
わかるやん。それだけでもやる価値あるで?
それにな、まだ最後があるねんで、これが目玉や!
「NGワード」!!!
B:ちょ、すまん、もう意味がわからんのだが・・・

M:まあ、ここまでの質問全部クリアしたらな、最後にギルドリーブが5枚出てくるねん。ほんで
「あなたは見事ご希望の~~サーバでのキャラクターの作成に成功しました。
おめでとうございます!
しかしまだ油断は禁物です。
ではこの5枚の中から1枚を選んでください。
それがゲームプレイ中のあなたのNGワードとなります。
そのNGワードを全てのチャットモードで入力、発言してしまうと直ちにキャラクター作成画面に戻ってしまいます。
なお、NGワードはあなたには判らない様になっていますので、発言には十分注意して下さい。
では素晴しいエオルゼアの世界へようこそ!」

どないよ!?スリルあるやろ!安心しぃ、またキャラクリで問題クリアしたら戻される前のステータスで復活できるからな。そこまで鬼ちゃうからな。うん。
あ、NGワードはまた出るけどな? 






 
マッハさん 
あ、初回NGは全サーバ「バオ」な?



プロフィール画像2 
 友達できませーーーーんっ!




▼少しでも面白いと思っていただけたら是非;
FF14・攻略ブログ

闘いは夜に始まりましたよ?

どんどんサーバが陥落しましたね。こんばんは、バオです。

いや~、前回、午前部隊の難航を勝手に妄想したんですが、
やはり本番は夜になりましたか。

一部サーバのキャラ作成の一時停止、再開の繰り返し。
やはり人気にあるサーバはなにかしらの理由があるのだと思いますが
その件についてはどうなんでしょうね?

bao-MH.jpg 
言っていいんかなぁ、どないしよかなぁ・・・やめとけ!かなり危険だぞ!


M:まぁ、今は解除されたけど、4つのサーバが規制かかったり 解除されたり
かなりせわしなかったなぁ。
人気があるんはわかっとったけど、まさか先行サービス開始その日の夜ってのもなぁ。
通常版より数少ないはずやんな、CE版て。どんだけ収容人数甘う見とったんやろねぇ。
:いや、これはなんというか、一部のサーバにこれだけ人気が集中すると想定して
なかったんじゃないか? これは30日もかなり荒れるだろうな。

M:最初はな、サーバなんてどっこも一緒や思っててんけど、ほら、
よっchだか、まっchだかでなんや知らんうちにどこどこ民はどこのサーバ~って
決められとったろ。アレおかしいで。
確かにある程度のサーバの特色は出して欲しいし、初心者さんなんかどこ行ったら
ええかわからんけどな、あっこまでやったらもう扇動やで。また喜んでのっかる人らも
多いしなぁ。
B:そういうのは本来、運営側がフォローするのが筋だと思うぞ。うむ。
サーバ数だけ増やして丸投げは非常に納得いかん!


M:おお?今日はなんや真面目な会話になりそやな。
でな、こうなったらもうしゃーないからこっちでサーバの特色決めたろ思うねん。
B:おいおいおい!いきなりいつもの方向にずれたぞ、ごらぁっ!


M:まずは「ガンガンいこうぜ」サーバ。これはそのままやね、ガンガン攻略前へ前へ!
B:いきなり合併先のビッグタイトル持ってくるなぁっ!意味はわかるけどなっ!

M:次は「じゅもんつかうな」魔法禁止サーバな。これは上級者用やなぁ。
B:アホかぁ!死人続出だろうが!戦闘にならんだろっ!

M:続いて「いろいろやろうぜ」生産系が楽しめるアーティスティックなサーバやね。
B:ま、まぁそれはそれでありかもな・・・

M:次は平和やでぇ「いのちだいじに」戦闘禁止な。ここは平和にまったりとやねぇ・・・
B:な・に・が・た・の・し・い・ん・だ!?生産するにも狩らねばならんだろうがっ!

M:うるさいなぁ、次いくで「めいれいさせろ」いわゆる「俺様」サーバや。ここは
カオスやでぇ。全員「俺様」やからな、ギスギスのガチガチやな、ゾクゾクすんで。
B:それもう違うゲームだろっ!怖いわっ!初心者が迷い込んだらトラウマになるわっ!
大体、DQシリーズやったことないのになんで作戦名だけ知ってるんだっ!?


M:はいはい、これで最後にしといたるわ「おれにまかせろ」サーバ。
遂に来たでぇ「勇者様」やで。これは「めいれいさせろ」サーバと二大カオスサーバ
としてFFXIVを引っ張っていくに間違いないでえ!
B:全部間違ってるわっ!

M:こんなん合併先さんへのちょっとしたサービスやん。こっからちゃんとするわな。
ズバリ!「種族部族別」サーバ!
人、エレ、ララ、ミコ、ルガの各種族部族別にそれぞれのサーバを作るねん。
これは部族間で一体感高まるでぇ!
B:・・・種族間の交流はどうなるんだ?あぁ?なんのメリットがあるんだ、言って見ろ!
M:え?そんなんめっさ少数派の自分らハイの人のサーバを陥落させて統合されるのを
見て楽しむに決まってるやないの。いややなぁ、察しぃや。
B:き~さ~ま~は~!大体、失礼ながら我が部族以外にもあくまでアンケートだが
少数だった種族部族もいるんじゃぁああ!


M:そのために最後のサーバを用意したってん。感謝しーや?



マッハさん 
   「みんながんばれ」






▼まだ未熟ですが;
FF14・攻略ブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

バオ

Author:バオ
名前:Bao Lee
サーバ:Trabia(予定は未定)
FFXIVの美しい世界を撮影し掲載
する…はずがなぜか漫才日記に。
元FFXIマクロ芸人

? ? ?

マッハさん  名前:「Masked Highlander」      通称:「マッハさん」               ネタに困るとどこからともなく 現れてボケ倒していく謎の人物         その発言は色々と黒い 

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

相互リンクについて

こんなBlogでよかったら

相互リンクを募集しております

下のメールフォーム、または

日記のコメント欄に一言

「してやってもいいぜ」

とお書き下さいませ。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンク

お越し下さった方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。